これが65年前、昭和30年の多度津・琴平〈上〉

山科の人間国宝さんから提供していただきました

クローバー会の多度津・琴平ツアー、好天に恵まれて、マスク以外は何の制限もなく、みんなで思い切り楽しみました。お世話になったブギウギさん、77-タツさんには改めて御礼申し上げます。本欄でも、参加の皆さんから当日や前後の行動記録が綴られています。私は、この歳に相応しく、過去の思い出でもと思ったものの、四国には縁がなく、鉄道に接したのは、今世紀に入ってからという奥手です。そこで、一計を案じて、山科の人間国宝様にご登場いただくことにしました。長老は昭和20年代後半から何度も四国を巡っておられます。ほかの地域でも魅力的な車両がいっぱい見られた時代だけに、アクセスも不便だった四国には、地元のファン以外では、きっちりした記録を見かけません。並外れた長老の行動力には、改めて敬意を表します。われわれが訪れた多度津・琴平に限定して、その記録を特別に載せました。昭和30年8月3日、長老は多度津機関区を訪問、「せと」のヘッドマークを付けたC58 255〔多〕の晴れ姿。

昭和25年10月改正で、四国に初めて優等列車として、準急「せと」「南風」が走りました。東京~宇野の急行、宇高連絡船に接続して、高松桟橋~松山・高知に新設されたものです。当時は、一部を除き、準急・急行には愛称は無かったのですが、四国の看板列車にすべく、四国独自に愛称を公募して、「せと」「南風」と命名されました。高松桟橋を両列車併結で15:20に発車、多度津で分割されました。「せと」は、その後、予讃線の終点の宇和島まで延長、昭和36年に気動車化されます。

高松桟橋15:20発、高松15:24発で、多度津までは高知・宇和島行き「南風」を併結、多度津では、16:07に「南風」が先に発車し、C58 255の牽く「せと」は16:11に発車する。「多度津附近」と記されていて、われわれが2700系特急を撮り、街歩きのために渡った踏切の当たりだろうか。多度津機関区に置かれていたマッチ箱客車、一瞬、過日、井原さんから紹介された佐川町に保存され、以前、多度津工場に展示されていた、ロ481かと思ったが、窓配置が違っていて、下等車の廃車体のようだ。こちらは特徴ある車体からして、キハニ5000と分かる。昭和4年の国鉄初のガソリンカーで12両が造られた。地方の小運転に使われ、四国では、徳島~小松島で用いられたことが知られている。正面屋根の大きなラジエターはもう無いが、取り付け座が残っている。続いて長老は、多度津工場へ行かれている。検査上がりで、ピッカピッカのオハ31 465をまず撮影、末期のボロボロの姿しか知らない身には、衝撃的な美しさ。まだ四国では31系客車が大活躍していた時代だった。多度津工場の救援車、ホエ17011 当時でも「ホ」級の救援車は比較的少数だった。工場の一角に泥だらけの「ツ」や、長物車に載せられた車体だけの貨車が連なっている。左のように、ひしゃげた貨車もある。この年の5月11日に、宇高連絡船「紫雲丸」が、貨車航送船「第三宇高丸」と、高松沖で衝突、沈没し、多くの犠牲者を出した紫雲丸事故があった。いずれかの船で航送中に沈没し、引き揚げられた貨車が、証拠物件として工場にで保管されていたようだ。

 これが65年前、昭和30年の多度津・琴平〈上〉」への3件のフィードバック

  1. 前編・後編通して見させて頂き圧巻です。
    これに匹敵するのは40年以上前のB5サイズの「Rail」に乗っていた戦前の四国の鉄道訪問記くらいだと記憶します。
    (根本さんだったか、筆者をあとで調べてみます)
    私個人の思いは、四島で国鉄の電化が最後まで取り残されたところ。
    その代り気動車の時代に弾けるように、いや鬱憤を晴らすように気動車準急と急行列車網が予讃・土讃二本線を中心に走り回り、夜行便まであったところ。その四国の開国前か夜明け前の風景を見るようでした。

    四国は運輸量の関係で、8620とC58が主役で、私はD51投入の記録は雑誌「蒸気機関車」の記事で知っていました。
    四国に取りエース機のC58が準急「せと」と「南風」を牽き始めた時代は、戦後の混乱が収まり湘南電車が登場し、次代の新性能電車による高速化とディーゼル動力で無煙化を国鉄が目差し始めた時代に、明るい知らせであったと思います。
    北海道や四国、それに九州の福岡県以外が、暗黒の大陸とは思わないのですが、本州に較べて一段二段劣る交通機関の旧い設備と車両に、学生時代に旅行をする度に衝撃を受けた、十代後半から20代前半の感覚が懐かしい。
    今回の四国旅行を鉄道で達成できて、本当に自分も長く生きたなあと感じました。山科の大先輩が見て歩かれた時のご感想が聞けたらなあと、思った次第です。

  2. コメント失礼します。
    小生は白帯を巻いた事業用代用の有蓋車が好物で現在、番号と配置局、それから用途を纏めて1277両まで調べました…
    しかし、1963年以前のワム1形、ワム3500形についてはまた調べていませんが、ホエ17011の隣は四国局配置の救援車か多度津工場配給車代用のワム1形かワム3500形でしょうか?
    もしご存知ならばホエ17011の隣の車両は何なのか教えてください。
    よろしくお願いいたします。

    • 白帯ワムのファン様
      ご返答が遅れて失礼しました。ご覧いただき、ありがとうございます。「白帯を巻いた事業用代用の有蓋車」がお好きとのこと、1277両も調べられたとは驚きです。それほどの両数があったのですか。佐竹さんのネガを取り出して、再度調べましたが、残念ながら該当の貨車は写っていませんでした。少し時間は掛かりますが、佐竹さんが多く撮っておられた客車の横に、よく白帯車が入っているケースもありますので、調べておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

広告 Ads