元気な四国の私鉄は老人のアイドル

伊豫のプリマドンナ100形、200形は新製時、両運非貫通であった。3連化の時に片運改造がボツボツ始まり、貫通基本編成が定着した。1965年頃から西武所沢車両により車両更新が開始され、最初はプリマドンナより古い車が導入され、見た時はがっくりした。その後、冷房車導入で京王電鉄の支線か思われるぐらいに統一された。遠州鉄道と共に地方線区では最も優秀な民有鉄道と言われている。
それに比べ土佐電は、ヒイヒイ言いながらも話題に事欠かぬ存在で、今も観察をかさねている。2005年に訪れた時はまだ新駅着手の時で、竣工するや行きたかったのだがドタマの関係でドクターストップとなった。昨年GW、ぶんしゅうさんにおねだりして新駅拝見が実現した。
今年3月17日、善通寺へ向け出発した。18日琴平駅で500号急行をお迎えした。琴電から記念品グッズとお土産を頂いた。それというのはお使いになった写真、老人が1958年9月9日に撮影したものを採用されたのである。各駅にA4版が、
高松築港、瓦町、仏生山、一宮、滝宮、琴平にはA2版で張り出された由。残念ながら他用で乗れなかった。
81年前に輿入れの時はマドンナと言われた?
立派な駅前から走り出す電車は恥ずかしそうだ

81年前に輿入れの時はマドンナと言われた?これが駅舎かとびっくりした立派な駅前から走り出す電車は恥ずかしそうだ

1 thought on “元気な四国の私鉄は老人のアイドル

  1. PCの老齢化か老人の操作ミスか、写真のキャプションが吹き飛ばされ2ケは消滅、2ケは生き残ったものの本文ぶら下がりとなっている。本来の位置に戻し、竜巻と共に太平洋上で分解したものを拾い集めてみた。写真の上から①→④となる。
    ①101号の下に81年前に…… となる。
    ②これが駅舎か?京都2条駅同様に吹き抜ける風にご用心!
    ③立派な駅前から…… となる。
    ④ピンボケ写真も50年たてばお役に立つこともある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください