パナソニック:乾電池で走る電車公開…11月に走行実験

毎日新聞 2014年10月14日 20時36分

 パナソニックは14日、11月に秋田で走行実験する、乾電池「エボルタ」で動く電車を公開した。単1形を99本搭載。約10人を乗せて約8キロの走破を目指す。

車両は特殊強化段ボール製で、高さ約257センチ、長さは約405センチ。重さは約500キロある。約10人が乗車すれば走行時の総重量は約1トンとなる。

11月2日は秋田県大館市で、2009年に廃止された小坂鉄道の線路を走る。地元の小学生らを乗せ、鉄橋やトンネルも通過する計画だ。

パナソニックは昨年、単3形のエボルタ1本でタカラトミーの鉄道玩具「プラレール」を約5・6キロ走らせ、ギネス世界記録に認定された。(共同)

1 thought on “パナソニック:乾電池で走る電車公開…11月に走行実験

  1. 10年ばかり前だったと思いますが、明治村愛好会?の人たちが閉園後、園の許可を得て、保存車である京電を、1.5Vの乾電池を何個直列でつなげは動くかの実験をするから参加しないか、と誘いがありましたが、所要ありで行けませんでした。「動いた!」との報告を事後もらったように思います。本欄をご覧になっている方で立ちあった方、何個でした?200個ぐらいだったように記憶しています。走らせたのではありません。この話、ひょっとして夢物語かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください