2012年 秋のみちのく一人旅  Part2 秋田臨港鉄道、五能線、津軽鉄道

第2日目 10月10日

① 新潟23:30(新日本海フェリー)→5:50秋田フェリーターミナル(徒歩)→6:35土崎
② 土崎6:41→6:48秋田8:25(快速リゾートしらかみ)→12:06五所川原
   津軽五所川原12:35(津軽鉄道)→13:11津軽中里14:25→14:48毘沙門15:49→
   →16:05津軽五所川原  
③ 五所川原16:11→17:01弘前

▲ 5:50、一晩でしたが船旅を楽しみ、朝焼けの秋田港には定刻着きました。
快速リゾートしらかみに乗車する秋田駅に向かうまでは十分な時間があります。目の前のある秋田臨港鉄道を見てみたいと下船してから向かいました。

秋田港駅は、1907年(明治40年)開業と古く、約105年の歴史をもっています。

▲ 5:57、203とDD351号機の背に、みちのく秋田の日の出を見ることができました。
▲ ひやりとするヤードの中で、「がんばろう東北」のステッカーを貼ったDL203号機とDD351号機が輝く”ギラリ”を見せてくれました。
▲ 秋田臨港鉄道は、秋田港~秋田北港(2.5キロ)の北線と秋田港~向浜(5.4キロ)の南線がありますが、北線は保安設備確認だけが走る休止線状態、赤いトラス橋の絶好の撮影ポイントがある南線もこの時間は運行されていませんので、ヤードを散策しました。

北線は今後、港の拡張に伴い延伸の計画があるようです。楽しみですね。
近くにはかつて秋田市電が走っていた当時の始発駅跡もあるようですが、足がある時に回ってみようと今回はパスしました。

続きを読む