そろり、ゆっくり、活動再開  【7】

夕景求めて 近場でチョイ撮り 大阪編(1)

近くの夕景撮影を続けます。つぎは大阪です。以前に掲載の阪急淀川鉄橋も同じですが、大阪らしい、ビル街バックのダイナミックな夕景が狙えます。今回は、何度か行っている京阪天満橋駅付近を採り上げました。天満橋~京橋で、淀屋橋行きと中之島行きが、線路別から方向別へ立体交差するところに、土佐堀通から大阪城方面に渡る歩行者・自転車専用の大坂橋があります。橋からの景観は大阪そのもので、大阪城天守閣、OBPビル群が望めますが、京阪電車も、梅田方面のビル街をバックにして、川の上で線路かが交差する、いかにも“水の都”らしい撮影が可能です。

大坂橋から、京阪天満橋駅へ向かって行く京阪電車を写す。ビル街の煌めきを撮るには、晴れた平日の日没直後が限定。大川周辺のライトアップも彩りを添える。

日没30分前、空は“らしく”なってくるが、この時期、電車は日除けを下ろしているため、窓部が抜けず、編成全体が暗いまま。

しばらくすると、梅田方面が日没に。電車はまだ暗いままだが、こんな時、特急車のサインが格好のアクセントに。京都方面の特急は、地下から出て、一気に交差部まで上り詰めるから、背後に、大川の水面バックとなる。

電車のアクセントと言えば、13000系などの、逆八の字のテールライトも、夕景の中での格好のアクセントに。こちらは日除けも上がって、車内の様子が読み取れる。

見ものは、上下の電車のすれ違い、高低があるから2編成がうまく見える。時刻表では、夕方ラッシュ時に数回はありそうだが、アタマが揃うのは、運次第。この時間帯になると、道路のナトリウム灯が点灯してしまうため、強すぎる光源をうまく避ける必要がある。土佐堀通に出て、道路橋から見ると、電車も間近に望める。

なお撮影場所の「大坂橋」の由来だが、大阪市のホームページから引用すると、大正時代、東横堀川を浚渫中に「大坂橋 天正拾三年」(1585)の銘が刻された擬宝珠が発見された。しかし、その名は過去の文献にも見あたらず、橋の所在・規模については謎だった。擬宝珠は、大阪城天守閣に保存されていたが、終戦の混乱時に行方不明になり、橋の所在と同じく幻の擬宝珠となってしまった。昭和48年、大阪城公園と毛馬桜宮公園を結ぶ自転車・歩行者専用橋に、「大坂橋」の名が復活した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください