京都市電北野線に寄せて(2) 北野車庫付近を新旧対比

北野付近は、少し前には、母親の介護先があり、ほぼ毎日のように通っていたところでしたが、それも数年前に終了してからは、全く行っていませんでした。懐かしい思いで、商店街の一軒一軒を見て回り、柱に掲げられたN電の写真もじっくり見て回りました。この付近で先達が撮られた北野線の写真を、私も何点か所蔵しており、その新旧対比をしてみました。

北野商店街の柱に掲げられた北野線の写真、左は京福北野線の北野駅、右がN電北野線車庫。

北野車庫跡付近 新旧対比3題

昭和36年の北野線の廃止数日前の北野商店街、開業当時に復刻されたN電を、多くの買い物客が珍しそうに眺めている。▲▲現在の同地点、旧写真の左に写っていた橋本修美堂が、いまも同名の看板を出して健在だ。上掲の新旧写真から引いて広角気味に見ると、この写真になる。ちょうどN電がいるあたりが「下ノ森」電停だったが、もちろん安全地帯など無かった。鳥居は、北野天満宮の一の鳥居で、当時はこの付近まで北野天満宮の神域だった。▲▲北野天満宮の区域は、次第に後退して、いまのように今出川以北にまで縮小した。一の鳥居も移転して、いまの今出川通の前に移転した。

こちらは明治期、北野線が開業した頃の七本松中立売付近の様子、七条行きが単線上で停車中、ここにも北野天満宮の灯籠が見える(大西友三郎ライブラリーから転載)。▲▲いまの同地点、北野車庫跡地から中立売通を少し東へ入ったところで、現在でも、中立売通が斜めになり、灯籠のあった付近は、三角形の用地として残り、「歌舞伎発祥ノ地」の碑が建っている。

 

6 thoughts on “ 京都市電北野線に寄せて(2) 北野車庫付近を新旧対比

  1. 総本家青信号特派員様
    廣庭基介様のお名前を拝見し、2011年にサカタニで開かれたお二人の写真展を思い出しました。下ノ森の写真が展示されると新聞で知り、母を連れてお邪魔しました。
    地元とも言える下ノ森は懐かしく、今昔対比は興味深く拝見しました。電車よりも商店や人々の服装に目が行ってしまうのは、鉄道愛好者の風上にも置けぬとお叱りを受けそうですが、時代が分かる写真には夢中になってしまいます。N電が走っていた頃から昭和40年代初めにかけて、買い物と言えば「下ノ森」が安いと評判でした。しかし、次第に活気が失われて、今ではすっかり寂れてしまったようです。日常の買い物はスーパーで済ますことがほとんどで、商店街の個人商店ではめったに買わない自分は偉そうに言えませんが…。
    一の鳥居が下ノ森にあった頃は、まだまだ下ノ森が元気な時代でした。一の鳥居の横を走るN電の写真を見て、幼い日に見たであろう風景を思い浮かべております。

    • 紫の1863さま
      コメント、ありがとうございます。サカタニの廣庭さんとの写真展にもお越しいただいたのですか、ありがとうございます。「下ノ森」の思い出を聞かせてもらいまた。N電廃止後も、露店が並んでいて、つい最近まで賑わっていたことを覚えています。いまは閑散として、すっかり寂れてしまいました。写真は、N電の頃の「下の森」です。ちょうど、一の鳥居前が電停でした。

  2. 良い写真をお持ちですねえ。昭和30年代の賑わっていた頃の、下ノ森が目に浮かぶようです。南側から一の鳥居が写った写真を見る機会がなく、当時の様子がよく分かりました。
    八条口の大きな書店で「レイル」の116号を見かけ、ページをめくると総本家様と米手様のお名前がありましたので、迷わず買って帰りました。「京都市電 北野線を振り返る」のタイトル通り、北野線の特集です。総本家様の「北野で見た謎の駅舎」を拝見し、京福北野駅ホーム跡の記憶がいつ頃だったのかという長年の疑問に、答えが出せました。
    米手様の御父上が「千中」でカメラ店を営んでおられたとは、まったく存じませんでした。「北野線の北野方面行き電停の前」と書かれておりますが、千本通の西側にあったのか、それとも東側にあったのか、興味が湧いてきます。昭和40年代の初め頃、中立売通りを東に入った南側、鮮魚店の近くにカメラ店があったような気がするのですが、関係ないのかもしれませんね。

  3. 紫の1863様
    お買い上げ頂き、ありがとうございます。
    ご質問の件ですが、私の父は大阪千日前で戦前に写真館をしていましたが、戦災で京都へ逃げてきて七条大宮で写真館を再開しました。その傍らカメラ店が時代に乗ると思ったのか、開いたが千中店でした。その後、四条堀川、三条河原町、四条寺町と広げていきましたが、千中店はその原点でした。中立売通の南側を東へ二軒目、三坪ほどの小さな店でしたが、毎日カメラを木箱に詰めてスクーターで通っていたのを思い出します。私は学校へ上がる前でしたが、よく連れて行ってもらったので当時の千中界隈を覚えています。賑やかなことは四条通に負けないくらいで、大晦日などは西陣織の職人さんが銭湯帰りに貰ったばかりのボーナス袋を出してカメラを買っていきました。店を閉めて父が帰るのは午前三時を過ぎていました。
    昭和二十年代から三十年代は、貧しいけれどなにか明るい未来がある、という活気あふれた時代でもありました。いまもその頃の映画を見ると懐かしさで涙が出ます。
    企画して頂いた「レイル」の前里編集長様、青信号特派員様、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

  4. 米手さんの初代の千中店、いつもお世話になっている方から見せていただいた当時の住宅地図にも店が載っていましたょ。米手さんからも許諾をいただき、載せました。真ん中が千本中立売の交差点、東へ南側2軒目に小さく「写真機コロナ」とあります。それにしても、当時の千中付近は、たくさんの家々が並んでいたのですね。賑やかさが地図からも伝わってきました。

  5. 米手作一様
    総本家青信号特派員様
    カメラ店・魚屋・家具店の並びは、記憶の通りです。両親と千本通をたびたび歩いた昭和40年前後には、角の京聯タクシーはガソリンスタンドに、南隣の北野劇場はパチンコ屋に変わっていました。
    昭和20年代半ばは大正15年生まれの父が毎夜のように千中界隈を徘徊し、西陣京極や近隣の映画館に入り浸っていたようです。
    当時のカメラ(いや写真機といったほうが良いでしょうか)は高級品で、誰もが買えるものではなかったようです。父は裕福な友人のお古を安く譲ってもらい、しばらく使っていたようです。ベスト判密着の写真が父のアルバムに張ってあります。
    北野線とは関係ありませんが、「千中」は若い日の父の話を思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください