3 thoughts on “井笠鉄道 連載その2

  1. ぶんしゅうさん、雅幸さん、米手作市さん、軽便の沿線に田舎(先祖の出所)ある方をうらやましく思います。老人の父は現JR桜井駅から東南へ二山越えたところから京都に出てきたのですが、幼ない時に行った時、既に参宮急行電鉄が開通しておりました。榛原駅南方2里の地点、木津川の上流でした。母は岩国から北西へ、錦川沿いに遡上、一山超えた地の宿場でした。省営バス【岩日線】の中間点になります。伯父は予定線であった岩日線建設期成会(島根県側)の最後の会長でした。レイル敷設を見ることなく1981年3月になくなりました。戦後1946年夏休み(小学2年)は伯父宅で過ごしましたが、伯父は「そのうち汽車がここを走る」といっていた土地は25年後に築堤になりましたが、軽便鉄道すら開通しませんでした。その築提は、中国自動車道建設の際一部流用されましたが、6年前の墓参りでは跡形もなく、一部は老人ホーム、そして温泉宿に化けていました。

  2. 父が整理した写真アルバムを探して見ましたら、山の上から井笠鉄道の橋梁を撮った写真と切符がありました。降りた駅は「備中小田駅」と分かりました。
    残念ながらネガがまだ見つかっていませんが、あれば当時の車両・駅等があるはずです。発見でき次第に投稿させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください