今も楽しめる倉吉線

ぶんしゅう様 「倉吉線を偲ぶ会」にご入会ありがとうございます。打吹駅前のラジオ体操の風景に感動です。7月21日なら多分夏休み初日なので これだけの子供たちが早起きして集まったのでしょう。6:13に442D倉吉行きが出るころに集まり始め 6:30から体操。6:39に443D山守行きが着く頃には体操が終わって、カードにハンコを押してもらって解散。・・・・・昭和の夏休み風景ですね。

ところで ジパングクラブのPR誌「おとなび」を見ていましたら、倉吉線廃線跡ツアーがあるのでびっくり。ぶんしゅう様は「白兎51号」での現地入りだったようですが、今は「スーパーはくと1号」で倉吉入りです。倉吉線鉄道記念館となっている打吹駅も訪ねるようです。最後は須磨の大人が入浴されたという効能あらたかな関金温泉で背中を流してもらって旅をしめくくるようです。いつのまにか「昭和の名ローカル線」になっているのも驚きです。それにしても ラジオ体操の写真は記念館に飾るにふさわしい名カットだと思います。

現代の倉吉線旅

現代の倉吉線旅

1 thought on “今も楽しめる倉吉線

  1. 西村雅幸様 「一枚の写真から」から始まってここまでつながって行くとは思いませんでした。何やらラグビーのボールをパスでつないで行っているような感じで、どこまで行くのでしょうかね。ところでジパング倶楽部で倉吉線廃線跡ツアーというものがあるのにはびっくりしました。ネット上で見ているとまだレールや旧泰久寺駅跡にホームが残っているのがわかったのですが、このようなツアーがあるのは知りませんでした。しかし、代金が少々お高いのはバスをチャーターして移動するからなのでしょうと思いました。ところでぶんしゅうさんの打吹駅でのラジオ体操の写真は素晴らしいです。ここに写っている小学生たちは今は50歳代のオジサン、オバサンになっていると思うと不思議な感じがします。写真はその時の瞬間を映像として記録しているだけですが、いろいろなことを語りかけてくれます。そこが写真のすごいところなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください