河 昭一郎様、西村雅幸様、大津の86様へ

河 昭一郎様、西村雅幸様、大津の86様、
28698のことですが、私が梅小路で次のような写真を撮っていました。

残念ながら撮影日を控えておりませんでしたが、札に「梅小路」「37 7 16」の文字が見えます。吹田第一機関区から出稼ぎに来ているようですが昭和37(1962)年の撮影でまちがいないでしょう。他にも18623、68687、88638、28645などを撮っていました。
この当時は梅小路へ吹1からD52などが来ていました。

次は阪神武庫川線です。河様が撮られた線はこれでしょうか?

当時、叔父が阪神鳴尾に住んでいましたのでよく遊びに行っていました。どこで撮ったのかは覚えていませんが武庫川の土手から見下ろしたように思います。当時はなぜ三線なのか分かりませんでした。

京都駅南口付近

二階建てでは無いか、二階があっても倉庫のようなものではなかったでしょうか。左の斜めの階段を上がれば奈良電のホームだったように思います。

バスが止まっている右側が現アバンティーで、車庫や鉄柱の一帯は新幹線のガード下です。八条通を東方向に見ています。

西村雅幸様
キハ04です。

写りが悪いのはお許し下さい。

次に大キトで撮した木造車です。

ナエ17307という救援車です。この車両に関しては井原さんにお尋ね下さい。調べておられます。

 

13 thoughts on “河 昭一郎様、西村雅幸様、大津の86様へ

  1. 京都駅南口の風景、父親の出生地(田舎)へ行くには奈良電に乗るために世話になったコースです。三角屋根の建物は奈良電の変電所を兼ねたものではなかったかな?電車乗り場まで一番線から南に延びる弧線橋の長い距離を歩いて階段を降りたところが奈良電乗り場でした。乗り場は突っ込み形の3線ホームでした。進駐軍専用車は国鉄の留置線べりのホームを専用としていました。東端ではMPが頑張っていましたが、子供には優しく、ホームに入れてくれ、車内見学もOKでした。専用車は1024号車でした。

  2. 米手作市様
    泉のごとく貴重な写真が湧き出てきますネ。キハ04の写真ありがとうございます。拡大して見てみますと キハ0428のようです。昭和40年3月31日に姫路で廃車となり、その後北丹鉄道のキハ101となったキハ04のようです。北丹キハ101はDRFCの北丹鉄道見学会でも写しています。いろいろなつながりが発見できてまたしてもデジ青の奥深さを実感できました。ありがとうございました。

  3. 米手作市様
    今とは想像もできない八条口の様子、当時京都駅に行くと言っても市電への乗り換えと丸物に行くくらいでしたから、南側に行く機会は全くありませんでした。そもそも南側へ通り抜けができたのでしょうか。画面の右の京阪バスとバタコも時代を感じさせますね。このあたりの写真となると博物館も欲しがるのでは…お宝映像のシリーズ楽しみにしています。ところで私の撮った28698の写真には吹1のプレートの入っているところには何もなく、その横には入51,52,53の文字が書かれたプレートが入っていました。当日の運用が書かれていたのでしょうか。

  4. 米手作市様

    タイトルのトップに『河 昭一郎』の文字が有って一瞬ギクリ(笑)でした。

    28698については貴殿の写真に『37.7.16.』と有り、その上の『梅小路・・・』がカギでしょうね。
    後半の3文字『・・・』が読めませんが、ひょっとしてその日付けが『吹一』⇒『梅』への『貸出日』だったのでは?と勝手に想像しております。
    従って、そのまま『梅』より浜大津や草津に出張していたのではないか。その後それが結局正式に『梅』に転属したのではないかとも考えられますね。
    『貸出』が盲点だったのかも知れません。

    阪神武庫川線の写真は3線軌条が一目瞭然で、上手いアングルですね。
    小生が撮った頃は、国道線用だった筈の金魚鉢が変形(阪神流)ビューゲルのままで単行運用でした。

    京都駅南口の写真、小生が撮ったのは新幹線工事たけなわの頃、橋脚の基礎工事が直ぐ側まで迫った『風前の灯』状態のショットでした。

  5. 乙訓の長老様、
    貴重な”ご記憶”ありがとうございます。
    質問を一つ
    1024号とあるのはデハボ1024のことでしょうか?もしそうなら奈良電にも「進駐軍専用車」があったのですか?戦後生まれには分からない出来事です。

  6. 28698は、
    鉄道図書刊行会の『国鉄車両配置表』では
    昭和40年3月31日現在 吹田第一
    昭和41年3月31日現在 梅小路
    となっています。移動日は河様のコメントのとおり『鉄道ピクトリアル』の「車両の動き」に見あたりません。
    昭和30年8月1日現在は吹田で、その後の配置表を見ても移動はしていないようです。吹一の配置でありながら梅小路に出稼ぎに来ていたのは28698だけでしょうか。検査時は代機でしょうけれども。
    昭和30年8月1日現在の配置表には他区へ貸し出している機関車は機号・区名と「貸渡中」と注記がありますが、28698にはそのような注記はありません。

    『梅小路90年史』、『梅小路100年史』の配置表は日付の間隔が粗く、詳しいことがわかりません。

    なお、昭和37年4月1日現在の配置表では、18623、68687、88638は梅小路ですが、
    28645は存在しない番号で、【85541】の28649ではありませんか?

  7. 以前に1回書いたが、八条口の写真にそえおさらいを。ここは長らく闇米の搬出口であった。1949年頃までは取締=それもお巡りでは歯が立たず、米軍MPも出てコメを公定価格での強制買上が「時折」発生。職業化したヤミ米担ぎ屋集団は対抗上?速度を落とす駅東側で、デッキから麻袋入りのコメをヤッと気合もろとも蹴落とす。線路上では無数の地上要員?が即時その麻袋を大型自転車や大八車、リヤカーで運び去る。当然ポイント等の損傷も発生し、黙認=危険な「荷下ろし」を止め、八条口からの搬出に改善?されたのである。恐らくは列車も指定で、麻袋運送区間は検札もなく、ある種?の学生はそれを「活用」したとも漏れ聞く。

  8. ナエ17307について
    私はじかに見たことがありませんが、元は大正5年度に新製されたホイロ7461(ホイロ5335形式)です。その後何度も改称・改番・改造を経て 昭和36年度に廃車されたことになっているのですが、米手様はいつ撮影されたのですか?

  9. 井原様、
    相変わらずいい加減な記録しかありません。しかも京都駅や梅小路は普段の遊び場なのでいちいち撮影日を記録していません。かろうじて昭和37年の撮影とだけは書いてありました。同時に写っている服装からして早春だろうと思います。ゴメンなさい。

  10. 河 昭一郎様、井原 実様、
    ご愛読いただいている方から貴重なご意見を頂きました。
    ご本人のご了解を得て転載させていただきます。

    《大変ご無沙汰しております.デジ青の掲示板,毎日楽しみにしているところです.
    とりわけ,このところ盛り上がっている京都駅界隈のことについては,私の子供のころの記憶に少しだけ重なるところがあり,懐かしく,またその頃に写真を撮影されたことに羨望も覚えながら拝見しております.
    さて,28698のことですが,昨日お示しくださった荷票は,私が後年になって実見した他の例から類推するに,回送のための札と思います.昭和37/1962年7月16日に吹田から梅小路へ貸し出しのために回送されたのでしょうか.移動でしたら[吹一]の札は抜いてから送り出すはずですので,河さんのご推察のとおりかと思います.
    井原さんがお調べになった鉄道ピクトリアルの[車両の動き]ですが,これは本社扱いとなる鉄道管理局間の転属のみ掲載で,同じ鉄道管理局内での移動については非掲載でした.
     ですから,今回の28698のように,移動の掲載がないのにいつのまにやら移っていたり,例えば廃車の時点では梅小路の配置なのに,その直前の配置表では吹田第一…,というようなことが,しばしば・しょっちゅう発生していました.》

  11. 米手作市様

    やっぱり『貸出』がカギだったようですね。
    実は『貸出』が頭に浮かんだのは電車での経験からでした。
    昔、大鉄管内で快速電車の車両不足が発生した時、遠く高タカ二から80系を借り入れた事があって、その際所属表記はあくまでも原籍のままでした。
    そのため『大タツ』編成の中に1輛『高タカ二』表記の車輛が混結されているのを見て、『遠い所から・・・』と感慨深く思ったものです。

    今回の28698でそれを思い出し、更に所属札の隣に有る『37.7.16.』と『梅小路・・・』がヒントとなりました。
    なお、ピく誌の『車両の動き』には同じ鉄道管理局管内での移動は非掲載との事は知りませんでしたので、『不思議』がどんどん膨らんだ次第です。

  12. 河 昭一郎様、
    おかげさまでこの掲示板も多くの方にご覧いただいています。この読者の方もそのような方でしょう。私のような古いだけで無知なものが投稿したおかげで永年の疑問が一瞬で解決出来ることのありがたさを感じております。
    河様、これからもご投稿お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください