ハチロク御召が走った日 余話

昭和43年10月の福井国体で運転された御召列車は、福井県内だけではありませんでした。今なら、国体開催県のみで終わる視察が、当時は、国体後に、丹後・但馬地方にも及び、小浜線、宮津線、山陰本線でもC58、DD54の牽く御召列車が運転されたのでした。これで今回の御召の牽引機は、EF58、DE10、EF70、8620、C58、DD54と、すべての動力が揃った6形式にも及ぶという、近年にない、変化に富んだ御召となりました。


越美本線で御召が運転された翌々日の10月4日には小浜線敦賀~上中間で、5日には若狭高浜~東舞鶴間でC58171(敦一)、東舞鶴~豊岡間でC58223(豊)+C5856(舞)の御召が運転された。敦賀第一、西舞鶴、豊岡と、近隣の3区から1両ずつC58が選ばれた。
5日に、同学年のM好さんと牽引機が交替する東舞鶴へ向かった。駅に着いて、裏へ回ると、C58223+C5856の晴れ姿が見えた。後年の御召のように過剰すぎるほどの装飾もなく、ごく標準的な装備だが、それだけに蒸機でありながら隅々まで磨き上げられた2両の姿には目を見張るものがある。3日前のハチロクに比べると、撮影者はうんと少ない。御召到着まで約1時間前、和やかさの中にも緊張感が走る。

待機中のC58を撮ったあと、二人で西舞鶴方面に歩いた。下調べも何もなく歩き出したが、幸い、白鳥峠のトンネルの手前に築堤があり、その横には恰好のお立ち台がある。いま通ると、現場は平行する国道に沿って線路端までロードサイドの店が建っているが、当時は、一面の田圃が広がっていた。
25‰が続く白鳥峠だけに、御召らしからぬ力行ぶりである。重連の場合、次位に日章旗を掲示しないケースもあるが、このように次位にも掲示され、風にうまくなびいて、4本の日の丸がきれいに見えている。今まで何度か写した同機の一世一代の晴れ姿であった。

同年10月6日には、竹野~二条間にDD543+DD541の牽く御召列車が走った。DD54は、昭和41年から製造され、福知山・米子機関区に配置されて、蒸機を置き換えしていたが、故障・事故が絶えず、この4ヵ月前には、湖山駅で急行「おき」を牽引中、推進軸が折れて、脱線転覆事故があったばかりだった。故障・事故の集中していた量産形を避け、比較的安定した試作機1~3を御召牽引に当てたようだ。この日の御召は午後からの運転で、ゆっくりして馬堀駅に降り立った。馬堀に降りたのは、この日が初めてで、それからC57を求めて何度も降り立つことになる駅東方の築堤でとらえる。このあと、梅小路区へ向かい、大役を終えた同機の晴れ姿を心ゆくまで眺めた。もちろんDD54の御召はこれ一度切りで、DD54は短い生涯を閉じてしまう。

1 thought on “ハチロク御召が走った日 余話

  1. 今頃になって思うのですが、国鉄という企業体は労組が牛耳っていて
    民間企業より遥かに、左よりだったという印象があるのですが、
    この時代のお召し列車の運行の多さは、「何ということ」でしょう。

    戦後の全国の民主化を進めた方策のひとつに、昭和天皇の行啓、戦前の
    御幸があるのですが、「民主化」ととることにより、これがイデオロギー
    的にパスだった理由なんでしょうね。

    それはともかく、まだ地方に行くと明治や、下手をすると江戸期生まれの
    お爺ちゃんも生きており、村社会的に措ける「ハレ」の非日常が出現する。
    機関士は一生一代の栄光に、禊して職務を全うせんと、勤労が芸術的運転
    技能に昇華する。カマ屋は渾身の整備をし、筋屋は高等計算と秘術の限りを
    尽くし、通過駅助役は不動の面持ちで、神経を使いその一瞬の責を受け持つ。

    いま思えば、殆ど水戸黄門が流行った時代だけに、案外子供は面白く見ていた
    んだなと思います。
    あの頃は全国に拠点駅と管理局、そして機関車たちの家である、機関区が点在
    し、よき競争感覚も残っていたのかもしれません。
    労働とスポーツの共存も可能で、職場単位というのは強かったです。

    この辺の話をしないと、平成生まれのレイルファンは、お召しという非日常を
    単なるイベント列車レベルにしか、理解できないと思います。
    僕は不敬な輩なのか、お召しは一回も撮影に行っていません。
    ただあの頃の日本人はロイヤルエンジンという言葉に憧れ、日常的にも
    ロイヤルという名詞を、もう少し親しみ以て使っていました。

    昭和の遠き感覚を、平成の分かれ道より遠望す。
    DD54までその栄光に浴したということで、もう言うことは無いです。
    昭和戦後という時代は、地方の草の根まで照らす光があったような
    気がいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください