なりゆきまかせ “天然色版 昭和の鉄道”  〈3〉

定山渓鉄道のDC

先項では札幌駅前の様子を紹介しましたが、昭和の時代の札幌駅は、4代目となる地上駅で、ホームは10面もある大きな規模でした。改札を抜けると1番ホームで、その苗穂寄りに切り欠きホームの0番ホームがあって、千歳線のDC列車の発着に使われていました。その0番ホームに停車していたのが定山渓鉄道のDC、キハ7002で、定山渓鉄道の起点の千歳線東札幌から国鉄線に乗り入れて、単独または国鉄DC併結で、札幌まで乗り入れていました。もともと、定山渓鉄道は、国鉄千歳線東札幌~苗穂を直流電化して、苗穂まで電車が乗り入れていました。国鉄の列車が輻輳するようになると、電車の乗り入れ中止を求められ、定山渓は、札幌へ乗り入れできる専用のDCを新製、待望の札幌駅へ乗り入れを果たしたのでした。

札幌駅0番ホームで発車を待つ、札幌発定山渓行きの761Dキハ7002、キハ7000形は昭和32年製、7001~7003の3両がいた。札幌乗り入れ用として、電車を走らせていた定山渓鉄道が新製した。両運、湘南スタイル、駆動方式は国鉄DCに準じている。定山渓温泉が札幌の奥座敷として賑わっていた時代は行楽客で賑わったそうだが、この時代は車内にほとんど人影がなかった(昭和43年9月、写真は「デジ青」に掲載済み)。

こちらは定山渓鉄道の豊平駅、東札幌のひとつ手前の駅で、本社、車庫もある定山渓の拠点駅。この列車は、定山渓を6時35分に出た1702Mで7時22分に豊平に到着、1201(M)+7501(D)のMD列車。1201はこの豊平止まりで、中間に解結しようとする係員が見える。背後の建物が定山渓鉄道の本社(昭和44年9月)。

そのあと編成が解かれて、7501は左の2番ホームに転線、この車両のみ12分停車のあと7時34分に発車し、東札幌、苗穂経由で札幌へ向かう訳だ。DCは線内トレーラー扱いで後部に連結されるため、このような転線が必要になる。キハ7501は、キハ7000の増備車、ドアが車端からやや中央に寄った。いっぽうのモハ1201は昭和29年製、湘南型の両運車。廃線後は十和田観光電鉄に転じて平成時代まで生き延びた。なお定山渓鉄道は、旅客の減少、並行する地下鉄建設の理由などにより、2ヵ月後の昭和44年10月末に全廃されている。

5 thoughts on “ なりゆきまかせ “天然色版 昭和の鉄道”  〈3〉

  1. 電化私鉄が国鉄乗入れ用に気動車を持った話は、ここと富士急行のキハ58、あとは小田急の御殿場線乗り入れ用のキハ5000/5100くらいでしょうか。

    北海道の私鉄ではもう一つ、夕張鉄道の液体式気動車での総括制御挑戦と乗り入れ運転で、一時は国鉄を凌駕した栄光の時代がありましたが、虎の尾を踏んだのか、晩年は路線短縮を繰り返し消えて行ったことが思い出されます。

    定山渓は72年の札幌冬季五輪を前に消えたので、私は見たこともありません。
    唯一、81年の十和田観光電鉄で遭遇した、湘南型前面窓の電車の写真を出しておきます。

    • KH生さま
      十和田へ行った定山渓1201の様子、ありがとうございます。番号が違うと思いましたが、十和田は、下一桁を連番で付けているため、わざわざ1207に改番したのですね。湘南顔のための塗り分けがよく似合っています。

  2. 雄別鉄道、三井芦別鉄道、留萌鉄道、羽幌炭礦鉄道のキハは、それぞれ関東鉄道、茨城交通に再就職できたのに、定山渓鉄道のキハはそれがかなわず残念でした。
    昭和44年9月7日、札幌駅のキハ7003です。

    • 定山渓の4両のDCは製造後12年程度しか経っていないのに全く売れませんでした。湯口徹さんも、レイル「私鉄紀行」のなかで、疑問を呈しておられ、この時期なら、いくらでも買い手はあったはずと書いておられ、きっとウラがあるはずと、結んでおられました。

      • 半世紀以上の昔で想像の域ですが、昭和32年に定鉄は東急グループ傘下入りして、同時に札幌乗入れ用のDCが登場と、非常に手回しが良い。
        車両製造の段階から東急が関与している可能性もあります。また北海道の観光開発で、東急が鉄道路線を建設する噂もありました。
        あとは、日立製私鉄型気動車は唯一の存在で、これも技術進歩のための試みに近く転売出来ない契約があったのか。想像しただけです。
        定鉄の廃止は札幌近郊だったのに、親会社東急の意向で決まり、政治的な臭いも昔から感じます。
        全てはみな、遠い昔話になり車齢10数年で解体された4両のキハが哀れに思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください