ここはどこ?わたしはだれ?京都市電編 ③

反応が少ない中、紫の1863さんや乙訓の老人の甥さんにがんばっていただいております。感謝申し上げます。

続けて参ります。

△⑨㉙と同じ場所だと思いますが・・

 

△③と同じ場所でしょうか?

 

㊳書いてあります。四条西洞院!

51

まだ続きます。

ここはどこ?わたしはだれ?京都市電編 ③」への11件のフィードバック

  1. ㉜ 木屋町二条を北野へ向かう京電です。広軌1形に見えますが、台車と腰の絞りに違いがあります。明治45年から大正7年までの間、木屋町通り西南角から東を向いて撮影されています。島津記念館の北にあたり、「すきやき」「御菓子」の看板がある家並みは、今も歩道がカーブを描いていて痕跡を残しています。
    ㉝ 大阪市電です。ボギー車の500形589号で、明治44年から大正2年にかけて100輌が製造されました。マキシマムトラクション台車を履いていましたが、分かりにくいですねえ。大正初期の撮影と思いますが、場所は分かりません。
    とりあえず第一報はここまでにして、皆さまのコメント投稿を待ちます。

  2. 本務が忙しくて、デジ青を拝見するのが遅くなりました。
    出遅れましたが…
    ㉛ 広軌散水車、1号、壬生車庫
    ㉝ 何処でしょう?広軌1型30号、「七条」行き
    ㉞ 京電、蹴上(第二発電所あたり)、163号
    ㉟ 堀川丸太町。花電車、「壬生車庫前」行き
    ㊱ ③と同じ京電、鴨川二条
    ㊳「書いてあります。四条西洞院!」ですが、
      広軌1型12号「市場小橋」行き。
      元資料には「明治45年(大正元)」とクレジットされています。
    ㊴ 烏丸通り 乾御門前。広軌1型55号、「烏丸七条」行き
    ㊵ 烏丸今出川下ル。広軌1型123号、「烏丸七条」行き
    ㊶ 京電、堀川下長者町。
    ㊷ 烏丸今出川。広軌1型32号、。広軌1型100号、「大宮七条」行き
    ㊸ 烏丸今出川下ル。広軌1型32号、「烏丸七条」行き
    ㊹ 烏丸今出川。広軌1型90号、「千本丸太町」行き
    ㊺ 烏丸今出川西入。広軌1型113号、「大宮七条」行き
    ㊻ 烏丸今出川。広軌1型26号、「烏丸七条」行き
      元資料には「大正2~6年」とクレジットされています。
      後方左側の商店「和洋菓子、食パン、あめ一式、風月堂」
    ㊼ 烏丸通り 乾御門前。広軌1型2号
      元資料には「大正2~6年」とクレジットされています。
    ㊽ 烏丸通り 乾御門前。広軌1型155号、「烏丸七条」行き
      後ろのほうに烏丸今出川の交差点が見えています。
    ㊾ これも書いてありますね。烏丸中立売。4号車、広軌1型4号
    51? 烏丸武者小路。広軌1型61号

  3. 乙訓の長老の甥様
    お待ちしてました。私一人では荷が重いので、助かりました。
    ㉝は烏丸丸太町で、奥の方に御所の石垣が写っています。丸太町通りの南から、北を向いて撮影されてます。電車に日の丸を掲げてますので、明治45年6月11日の市電開業日でしょうか。

  4. 今日撮ってきた木屋町二条交差点です。正面の茶色と左隣の白い建物に注目してください。㉜とは窓や屋根に変化がありますが、何となく似ているように見えませんか?

  5. 秋恒例の「わらくろやツアー」に参加しておりまして失礼しました。
    今年は、旧三江線跡を巡り、芸備線を全線乗車してきました。三江線跡は地元の有志の方々がしっかりと保存して、地域振興に有効利用されています。皆様も是非一度足を運んでみては如何でしょうか。
    さて本題ですが、㉜の現在の写真は、木屋町二条を西から東を写した物ですね。市電は河原町方向から木屋町へ南下しているところですが、後に見える大きな洋館は何でしょうかね。現・大岩邸かな。私は二条通を西に進み、木屋町を左折、南下するルートしかないと思っていました。

    • 米手作市様
      電車は市電ではなく、京都電気鉄道です。木屋町通りを北上してきて左折し、二条通りを西へと向かうところです。後ろに反対方向のポールも見えますが、木屋町通りを南下する電車とすれ違ったのでしょう。
      背後の洋館風の建物は、京都電気鉄道の「電車乗客待合所」です。
      大岩邸は現在「がんこ」になっておりますが、この場所は角倉了以の屋敷跡だったと思います。
      木屋町二条の交差点は三差路で、線路は木屋町通りから二条通りの東西双方向に分岐するだけでなく、直進することも出来たようです。大正11年の地図に複線の線路が記入されています。

      • 話題が古いのと、京都の地理に疎いもんで、とてもついていくのが、やっとです。旧い路線図を対象しながら、漸く理解致しました。この路線は京電と云うことですと、京都市に買収後は廃線となったと云うことですね?

  6. ㊱ 撮影時期は救助網の取り付けが始まった明治30年1月以降、告知人(先走りの少年)が廃止された明治37年11月以前です。
    ㉜の木屋町二条は㊱の木橋を左手前に渡った場所です。たしかに路線図が無いと、位置関係をつかみにくいですね。
    京電の路線は市電に買収後、一部の路線を除いて廃止されました。高瀬川に沿って走る京電の木屋町線は、河原町通りに市電が開業するのを待って廃止されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

広告 Ads