カラーで振り返る 昭和の気動車 -4-

キハ55系
キハ55系は、昭和31年から造られた、当時の準急用気動車です。同年10月から上野~日光の座席指定の準急「日光」でデビューしました。それまでのキハ17(当時キハ45000)と比べると、幅・高さとも大きくなり、客車と同じ車内設備の第一号DCとなり、翌年からは量産車が登場します。なお当時はキハ44800形で、昭和32年4月に形式称号の改正で、機関2台、車体幅2.8mの区分によりキハ55となりました。基幹形式のキハ55のほか、キロ25、キロハ25、キハ26、キハ60、キロ60を加えた6形式からなるグループで、最終的に、キハ55系は昭和36年までに総勢489両が製造されました。

全国の非電化区間の準急として活躍したキハ55系ですが、その後に、急行型キハ58系が誕生すると、優等列車の主力の座を追われ、冷房化改造も見送られたため、昭和40年代は、むしろローカル線の普通列車で、一般型気動車とともに混成された形式と言う印象の強いキハ55です。

   ▲舞鶴線真倉付近を行く、すべてキハ55系で編成された普通列車。


いまはキハ120の天下の関西本線笠置でもキハ55系が見られた。

当初のキハ55系は窓周りの赤が側面・前面に連続する独自の塗色で、前面窓の下部ラインに小さなV字があったり独自の塗色だったが、のちにキハ58系と同様のデザインに変更されている。キハ55系は、その後に郵便・荷物車に改造されたものも含めて、晩年には朱色一色塗装になったものもある。昭和62年までに全車廃車となり、JRに継承されることなく、最後を迎えた。

なおキハ55系は、私鉄への払下げ車は存在しないが、私鉄独自の新造例が南海電鉄と島原鉄道にあった。どちらも国鉄の準急との併結を目的に造られた。
南海では、戦後まもなく自社発注の国鉄型客車サハ4801を造り、紀勢西線へ直通運転をしていた。昭和34年に紀勢本線が全通すると、新設の気動車準急に併結して南紀方面へ直通運転のため、自社発注車として、片運のキハ5501、5502、両運のキハ5551を新造した。基本的に国鉄キハ55形100番台と共通設計で、その後、増備され、全部で9両となった。難波発着の「きのくに」として、座席指定車の2~3両編成で単独運転され、東和歌山(現・和歌山)からは天王寺発着の「きのくに」に併結されて白浜、新宮まで運転された。
昭和60年3月改正で、「きのくに」が電車特急「くろしお」に格上げされたため併結の相手が無くなり、難波発着の「きのくに」を廃止された。

 

1 thought on “ カラーで振り返る 昭和の気動車 -4-

  1. 聡本家青信号特派員様

    キハ55は当初大変上品な黄色で、窓下に赤帯を巻いていましたね。
    準急『はまゆう』の出発式が京都駅で有り、ホームから線路にまで降りて懸命に撮影したのが思い出されます。
    当時はカラ―フイルムは未だ未だで、折角の黄色を残せなかったのが心残りです。
    車体塗装はその後貴殿の写真の通り2色塗りになりましたが、個人的には何か『暑苦しい色やなあ』と思った記憶があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください