八月だ、もっと熱くなろう! 2013年 赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part6 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

第5日目 7月31日 スンバルハルジョ製糖工場

00_こどもたち▲ 指令所前で集まってきた子供たち。昨年もいました美少女は、背が高くなり、一段と綺麗になっていました。一緒に連れてきているのは妹さんでしょうか、幼い子供の守りもできるいいお姉さんです。

06_ひつじ▲ 今日はもう1カット。バイク、自転車、大型車と頻繁に往来が多い道ですが、現れたヒツジさん。マイペースが僕の持ち味と悠然と横断していきます。シュガートレインが道路横に走る昼下がりの、のどかな光景でした。

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう! 2013年 赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part5 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

第4日目 7月30日 スンバルハルジョ製糖工場

00_集まってきた子供たち1▲ 14;33、指令所から集落へと向かう橋の上で撮影していましたら子供たちが撮って撮ってと集まってきました。元気が満ち溢れた子供たちです。こんな時代に戻りたらいいなあと思わずにはおられませんでした。

01_地図1昨夜からは宿をスンバルハルジョ製糖工場に近いペマラン(Pemalag)にあるRegina Hoteに移し、ここで3連泊します。そして今日もスンバルハルジョで1日を過ごします。朝は6時半過ぎの出発でした。

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう! 2013年 赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part4 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

第3日目 7月29日 スンバルハルジョ製糖工場 その2

07_元気なおばちゃま軍団▲ 集団での稲刈りを終えて帰宅される途中のおばちゃま軍団。子供たちに負けずと笑顔の歓迎です。親も子供も笑顔がいっぱいの国、それがインドネシアです。

05_ロケハン12▲ ピンク色が、今日我々が指令所からサトウキビの伐採場までロケハンと撮影で動き回った軌跡です。黄色がシュガートレインが走る鉄路です。かつてはもっとあったそうですが、運搬がトラックに代わって廃線になっています。GPSロガーを携帯されておられますO氏から提供していただいております。

14:30、昼食後、どんよりとしていた空も少し晴れてきて夕陽が期待できそうです。皆さんと相談した結果、夕陽の撮影スポットはBARONと決まりました。ただここにはDL8号機DL9号機が既に行っておりますので、改めてSL10号機をチャーターして向かうことになりました。

指令所に行ってみますとSL10号機BARONへと向かった後で急いで追いかけて途中からテンダーに乗り込みました。すると運転手からは、「運河沿いの本線走行は問題ないが、本線を分岐してから伐採場へと向かう支線の軌道状態が今年は悪い。昨年撮った最高の場所まで行くことはできない。どうしますか。」と、思わぬ申し出がありました。
今年は雨が多かったのか昨年と比べて蒸し暑く感じていました。路盤が柔らかくなっていて重量のある蒸気機関車走行には耐えられないようです。しかし本線では夕陽をバックに撮影できません。それでは少しだけでも支線に入線して夕陽がバックになるようにして欲しいと妥協案を出しました。運転手からは少しならOKだろうと了解が得られました。、

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう! 2013年 赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part3 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

第3日目 7月29日 スンバルハルジョ製糖工場 その1

00_子供たち▲ スンバルハルジョ製糖工場からフィールドへと向かう我々を乗せたシュガートレインに手を振る子供たち。仲のよい元気な子供たちの姿は沿線のあちこちで見受けられました。

01_朝焼け今日は2泊したテガールのBahari-innを早朝にチェックアウトしてスンバルハルジョ製糖工場へと向かいます。

ホテルの部屋からは朝焼けのスラメト山( 標高3,432m)が見えていました。目的地はこの裾野です。

朝6時半の出発、スンバルハルジョまでは約40キロ、約1時間強の道のりです。

01_地図_テガール→スンバルハルジョ

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう!赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part15 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第10日目 8月13日
am; Nirwana Hotel 6:30→7:52 スンバルハルジョ製糖工場→市内
pm; 市内→ スンバルハルジョ製糖工場 20:27 23:12  Hotel
▲ 集落の橋近くの揚げ物屋さんで撮影していたら集まってきた元気な近所の子供たち。お茶目な笑顔は小さい頃から得意のようです。

昨日晩かったにもかかわらず鉄ちゃん魂の入った猛者軍団は、早起きです。

5:30前には起きてホテルで朝食後の6時半には、スンバルハルジョ製糖工場へと向かいました。

機関庫前では、燃料の薪の運搬に皆さん総出で取り組んでおられます。
毎日消費する薪は相当な量です。どこで伐採して持って来るのでしょうかね?




▲ 今日の庫内も風はなく煙が立ち込めて良い雰囲気です。今日で4回目の撮影ですが、機関車の停車位置が違って、いろいろな光景を見せてくれます。どれもが良くて甲乙付けがたいアルバムになりました
続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう!赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part14 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第9日目 8月12日

am; Nirwana Hotel 6:40→8:02 スンバルハルジョ製糖工場→市内
pm; 市内→ 14:50スンバルハルジョ製糖工場 20:01 22:53  Hotel


▲ 今日の指令所脇の公園?には、先日とは違った子供たちがきました。その中に一人、ちょっと垢抜けた感じの女の子は、異風を感じさせました。サトウキビ畑の中の1本のスィートコーンのようにも見えました。


▲ ペガロンガンのNirwana Hotelは、インドネシア3日目から3連泊したホテルです。B班でも昨日から3連泊します。今日は、ホテルを6時半過ぎに出発して、スンバルハルジョ製糖工場へと向かいました。走行距離は約50キロ、所要時間は約1時間半でした。

7:18 、インドネシア鉄道との平面交差踏切でDLを撮れました。100km/h強のスピードで快走していきました。

7:45、工場へのいつもの田舎道に入ると変った車と行き違いました。 これは間違いなく幼稚園バスですよね。トレーラー式でした。


▲ 7:47、田舎道には、畑へと向かう農民衣装のおばさんたちも歩かれておられました。バイクに自転車、道路脇にはスイカ売りと、のんびりした光景を抜けてバスは進みます。

▲ 7:54、工場近くまできましたが、サトウキビを積載したトラックが集積ヤードから列を成していました。1台の積載量は約5トンです。
かつてはこれだけの量がシュガートレインで運ばれていたのですから壮観だったでしょうね。



▲ 8:02、工場の機関庫に入りました。今日で3回目になりますが、庫内は風もなく煙も立ち込めてまあまあのようです。


小さなコッペルでも4台も並ぶと壮観です。
1年の内の3ケ月間とはいえ、約100年もの長きの間に保守修理しながら使い続けるのは、手先の器用なインドネシア人の技術があってこそなのでしょうね。

出庫前の点検整備が終ると、機関士・整備士の皆さんはベンチに座って休憩です。
サトウキビ工場が動く3ケ月間の季節労働者だと思いますが、これ以外の期間は何をされているのでしょうかね。

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう!赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part13 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第8日目 8月11日

am; ジョグジャカルタ BorobudurのManohana Hotel (4:40~7:00)11:00→
pm; →18:43 スンバルハルジョ製糖工場 21:0323:43 PekalonganのNirwana Hotell

今日は、インドネシアが誇る世界文化遺産の一つ世界最大級の仏教寺院「ボロブドゥール」を観光見学します。鉄ちゃんには通常無縁のツアーですが、皆さん折角き来たんだから一度ぐらいは見ておこうと、真っ暗闇の日の出前、4:40に公園内にあるマノハナホテルを懐中電灯を照らしながら出ました。
公園開門は6時ですが、このホテルの宿泊者のみ早くに入場できる特権があります。

▲ 5:40、寺院の上に上がりますと、だんだん夜が明けてきました。今日は霞がかっていて幻想的な光景が拡がります。

▲ 6:12、世界中から訪れた観光客が見守る中、ようやくご来光が雲間から見えました。

▲ この寺院の全景です。8~9世紀に建造されていますが、1,000年以上も火山灰に埋もれていて何のために建てられたのか未だ分かっていなく、謎だらけの仏教寺院だそうです。イスラム教徒の破壊を恐れて人為的に埋めて隠したという説もあるそうです。

11:00、A班に送られてホテルを出発しました。今日は、当初スンベルハルジョまたはスラギの夜撮となっていました。昨日に行ったタシクマド製糖工場の「キュウロク」が、もしも動くのなら、こちらを撮影してみましょう、との話になったのですが、結局96が動かないということで、当初の計画に戻しました。スンベルとスラギのどちらとなった時、より良い撮影が期待できるスンベルになりました。ホテルに向かうにはスラギの方が好都合でしたが。スンベルに決めたとき、ガイドのアリフさんの顔がほんのわずかですが「えっ」でした。(O氏からのコメント)


▲ GPSロガーからの今日の行動軌跡です。ご覧の通りの山間を行く南北縦断コースです。ボロブドゥールからスンバルハルジョ製糖工場までの走行距離は、約220キロ強、昼飯時間も入れて約7時間40分を要する長旅でした。 
▲ 18:43、スンバルハルジョ製糖工場に着きました。指令所で聞きますと、今集落の橋で分岐する双方向からのシュガートレインが、こちらに向かっているとのこと、橋へと急ぎました。
続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう! 赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part8 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第5日目 8月8日
am: ホテル→スンバルハルジョ製糖工場機関区→指令所→集落の橋
pm: 集落の橋→指令所→ホテル

早朝にホテルで朝食後出発、少し風があるためか空気が澄んでおり、今日はスラメト山(標高3,432m)がよく見えます。

7:40にスンバルハルジョ製糖工場に到着しましたが、機関区は、昨日のような蒸気機関車からの煙が立ち込めていなく朝日が斜光になってくれません。どうも、風のため機関庫内に煙が滞留しないためのようです。こんな時にこそ、昨日見えなかったものを見るセンスを要求されますが、私ごときの腕では捜し求める方が無理だったようでした。

【在籍機関車】
フィールドも走る スンバルハルジョには、機関車も数多く在籍しています。確認できたのは、下記のとおりです



▲ DLも年代物ですが、Schoema製が、入替用、本線用として現役でした。




機関区横にローリーを補修する修理場がありましたが、廃車となって朽ち果てたSLが放置されていました。これが欠番となっている2、8号機かも・・・。
パンガでは、車体番号は、SL(略;S)・DL(略;D )区別なく通し番号をつけていましたが、ここでは異なり、区別されていました。
つまり、パンガではS9号機がありますが、D9号機はありません。一方のスンバルハルジョでは、両方があると言うことです。

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう!赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part7 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第4日目 8月7日 2の2



▲ 9:36、機関庫から1kmほど離れた所にある指令所に到着しました。ここは工場の敷地のはずれにあり、鉄道の運行を管理しています。しかし、遠くにDL9号機とローリーがいるだけです。このローリーに積んだサトウキビは、O氏が言われていた、運搬途中で落下したのを拾い集めたものなのですね。

▲ 指令所内に入った神谷隊長とO氏は、今日の運行予定について指令官から聞かれています。 
私は初めてですので、サッパリ分かりませんが、これから何時どこに行けば神谷隊長が思われているショットを撮れるかの大事な打ち合わせのようです。分からないなりにも聞いておけば、その内には分かるかもと聞き入りました。


▲ こちらが、スンバルハルジョ製糖工場のシュガートレイン路線の概要図です。

O氏が、3年前に来られた時は、黒い路線図しかなく、現在の白い路線図のおかれていた場所にあったそうです。白い路線図は比較的最近書かれたようです。工場は白い路線図で中央よりやや左下のSumberharjoと書かれたところにあります。細い鉄道線がサトウキビ路線で、機関車が入れる本線です。
正確な縮尺はわかりませんが、大体東西30km程度とかなり広範囲に線路がめぐらされているようです。北側にはジャワ海が書かれています。東西に一直線にのびる太い鉄道線は、インドネシア国鉄線(1067mm)の本線でジャカルタとスラバヤを結ぶ大幹線です。
以前は、国鉄線と平面クロスしてサトウキビ路線が伸びていたようです。残念ながら現在はその部分は廃止され、平面クロスが見られません。他にも地図に描かれていても使えなくなった路線があちこちにあります。薄い青で書かれた区域が現在、サトウキビの刈り入れを行っている場所です。


▲ そして詳細図です。薄い青で記入されている斜線と地名が、現在刈り取りをしている農場です。指令官が濃い青の太ペンで、今日の配車する機関車と場所を記入してくれました。番号頭に、”S”と書かれたのが、蒸気機関車を意味します。今日は、Siampelへ10号機、Kesemenへ9号機、そしてTelukへ11号機の蒸気機関車が向かいます。他にDL列車も走ります。黒の斜線も刈り取り場です。これを見て、神谷隊長は、今日の撮影目的地を11号機のいるにTelukと、決められました。


▲ 外に出ますと2人乗り、3人乗り、4人乗りと家族を乗せたバイクの往来が続いていました。そして、道路傍の家の軒下には、設置された棚にペットボトルが並べられています。案内兼通訳のアイフさんに聞くと、これはガソリンで1リッター入っていてバイクや自動車に売るそうで、こちらではベンジンとかかれていました。
インドネシアでは、ガソリンスタンドを町中でも見ることが少なく、郊外に行けば殆どありません。その代わり、あちこちでペットボトルスタンドを見ました。所変ればの世界ですね。


▲ 一方の猛者軍団は、出発が10:30と決まって待つ間、SLが来なくて手持ち無沙汰です。PCを立ち上げて、メールのチェックと返信をされる方もおられます。こんな所まできても、仕事にもご熱心なK・Jさんです。



▲ 10:02、まずは6号機が出勤して、落下サトウキビ搭載ローリーを集積場へと片付けて、線路を空けます。
続いて、集落の橋を渡ってから分岐する、もう一方の路線(KESEMEN方面)へと向かう9号機がやって来ました。神谷隊長は、静かに見続けておられました。

10:19、この時間になると、小学生たちの帰宅時間のようです。早朝に学校に行って、日中は自宅で過ごすのですね。
思い思いのリックを背負って、裸足の子もいますが、熱い地肌を気にもせず、元気に歩いていきました。

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう! 赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part6 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第4日目 8月7日 2の1


▲ 昨夜から宿泊しているペカロンガンのホテルニルワナ(Hotel Nirwana Pekalongan)で、朝食後いつものように6時半過ぎに出発しました。丁度、町は通勤と通学ラッシュです。白いヒジャブを被っている子もいました。ヒジャブは、イスラム教徒が、髪を隠すためのベールです。
踏切も渡りますが、インドネシア鉄道の注意マークはペケ2つです。

7:53、スンバルハルジョ製糖工場に着きましたが、工場前の線路には、空ローリーが留置され、サトウキビを満載したトラックが荷降ろしの順番を待っていました。


▲ 朝の機関区では、機関車が集結して、保守点検、燃料の積込み、給水等の仕業準備が始まっていました。
SLは3、6
、9、11号機、DL9号機が見えます。

 


▲ 庫内には、SL4、7号機と廃車になったのかDL5号機がいました。



▲  SL10号機も火入れをして準備OKです。

続きを読む

八月だ、もっと熱くなろう!赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part5 PG.SUMBERHARJO(スンバルハルジョ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第3日目 8月6日 2の2


▲ 12:00、計ったような時間に、定番メニュー昼食が始まりましたが、その中でもこのスープは絶品です。ビールが主食の方が多い軍団ですが、これだけは唸らせました。

▲ 食後は、先行する青いバスとバス2台に分乗して、スンバルハルジョ製糖工場へと向かいました。信号待ちになりますと、何やら売りに来る現地人がおられます。赤と白で飾られた物は、インドネシア国旗の色です。買ってみたかったですね。
郊外に出ますと、緑の畑が続きます。べトラムのノンラーとよく似た農民の帽子をかぶった、女性の農民があぜ道を歩いています。周囲はねぎ畑だそうで、高い畝にすくった水をかけていました。日本では見受けられない光景です。手間をかけたねぎは、きっと高値で売れるのでしょうね。

車中ご一緒だったK・Yさん、今回から6×7のフイルムカメラからデジタルに替えられたとか、昨日からいろいろと使用方法についての質問が参りますが、お持ちのカメラはCanonです。私も入れて車内のメンバーは、Nikonばかりです。CanonとNikonでは、使用方法がまるで逆の場合もあって、聞けば聞くほど混乱されて、嘆いておられました。


▲ パンガからスンバルハルジョまでは、最短で約86キロ、約2時間強の乗車で、15:26に到着しました。※ 地図は、Googeマップのルート案内で作成していますので、実際の走行とは、異なります。

▲ 事務所で許可をとってから、機関士に指示を出す指令所に参りました。既にチャーターした11号機が待機中です。ここの蒸気機関車は、パンガと違って緑色の車体色です。煙突の形状も違っているのが特徴です。

O氏から、「ジャワの製糖工場の機関車の色は、黒はなく、カラフルなのが多いです。色は、工場長の権限で変更になると聞いたことがあります。工場長が変わると機関車の色も変わると。実際、工場長の変更があったかどうかは未確認ですが、年によって色が変わっていることはありました。」とのコメントをいただいています。

 

続きを読む