【11647】山陽電車200型

 湯口先輩、後出しですみません。山陽電車と聞けば、黙ってはおれず遅ればせながら投稿しました。
▼先ずは、件の山陽電鉄カラーの塗り分け200型、3扉車。塗装まだ新しい頃、須磨浦公園-塩屋間、1963.1.1撮影。後方の建屋は須磨浦公園駅、階上から鉢伏山上へのロープウェイが発着しています。

▲▼その1年前、100型、200型の暗黒ぶどう色塗装車、同号車、同区間。後方の国鉄山陽本線はまだ複線です。普段波静かな須磨浦に、冬季で白波が立っていました。1962.1.1撮影。
▼同じく200型、206+207、2扉車、同じ区間、1962.1.1撮影。

 さてこの、200型ですが、ここに良い文書と図面がありますので紹介します。
それは職員であり、かつ鉄道ファンでも有名な亀井一男さんや佐々木さんによって記述されたと思える一文が、当時の山陽電車の社報に掲載されていました。少し長文です。無断転載ですが、出所を明示、50年前の文書に免じてお許し下さい。200型の功績と大型化への苦心が描かれています。
山陽電気鉄道株式会社・社報臨時号No.6(昭和36年9月)より、8・9頁を抜粋しました。本文および形式図は原文のままです。

200型車両の大型化改造
200型の生い立ち
 昭和11年、まだ山陽電車という名よりも宇治電とか兵電とか当社の前身の呼名の方が、耳慣れていた頃、この200型は生まれました。当時は神戸姫時間の直通は全ていまの100型総数35両が単車で運転しており、神戸明石間には、通称バッテラと呼ばれた木造社31両が運転されていました。この木造車は明治43年から大正10年までの間に製造されたもので、そのうち7両の車体を新品と置き換え、台車や制御装置を大改造したのがこの200型です。続いて昭和13年に、同型で更に5両の更新が行われ、また昭和16年網干線の開通に対処して、新車として3両が完成し、いまの2扉200型15両が揃ったわけです。

 そのころ流線型という言葉がはじめて普及し、空気抵抗など全く関係のなさそうな低速の市内電車まで、猫も杓子も前面を曲面にするのが流行となり、この車も御同様にそのまねがしてありますが、形として大変まとまっていて、流線型流行時代の電車の前面の傑作の一つに数えられています。

 しかし、700型のような大型車や、2000型のような高性能車が、国鉄や大手各社同様にとばすことになろうとは、夢にも思わぬ当時のことですから、最大幅2m400にも足りぬせまい車体で、一方駅員無配置があたりまえだったので乗務員が集札に便利なように出入口は両端にだけあり、全く現代の混雑時には縁のない構造になっています。

現在の200型
 戦時中の輸送に応ずるため、その後に引続いて新造された200型19両は片側3扉となり、2扉3扉あわせて現在の34両が終戦までに揃いました。ところが、最初の12両は軌道線の車体更新車で600V専用であったので、戦争中もあまり無理な使い方をしなかったせいか、あるいは製作当時の技術が戦前では最も円熟した時代のものであったためか、車体の状況は現在でももっとも良好であります。

きらわれる200型
 残念ながら、現在の200型2扉車はきらわれ者です。毎朝のラッシュ時には、下りの閑散なところを走らされたり、ごく短距離のローカル運転や、予備者としてお茶をひいています。それは、扉が車の両端にだけあって、しかも車幅が狭く、お客様が中央まで入ってくださらないので、出入口付近がひどく混雑しながら中央部は空いていて、結局の収容力が最も少なく、乗降時間も長くかかるという不便さのためです。

 それでは215号以降の車のように中央に扉を設けたら解決するのでしょうか。それには3扉の200型が愛される200型であるのかを考えてみればわかります。今年(筆者注:昭和36、1961年)の末には100型がすっかり姿を消して270型に生まれ変わりますし、来春には(同、昭和37、1962年)新車6両が登場しますと、客車総計122両中、小型車は200型34両だけになります。つまり大型3に対して小型1の割合です。ラッシュには大型車でも満員のダイヤへ、ときどき小型車がまぎれ込みますと扉の数が3つあっても、からだの小さい200型では乗れる限度がありますから、それだけ混雑もひどく、或いは積み残しも多いわけです。からだが小さい限り、扉の数を一つ増やしたくらいで安心はできません。

 また小型車は3両連結にしたら大型車2両連結と同じくらいの輸送力になるのではないかと考えられます。200型を3両連結することができればそれほど簡単なことはありません。しかし残念ながらそれが大変なのです。かりに2両連結3列車を3両連結2列車にすると、たちまち別に1列車を新造せねばなりません。電車は大きくても小さくても、1両はまちがいなく1両ですから、保守費も税金も利子も電力料もみな両数に比例して増加します。それも我慢するとしましょう。法律によって3両以上連結するにはブレーキは自動制動でなければなりません。またすべて貫通式にしなければなりません。

 ところが200型は小さくて自動ブレーキ装置が床下へ入りきりません。またその昔、併用軌道の路面から昇降する構造だったため、台車が中央に寄り過ぎていて、台車から車端までの長さがなみはずれて長く、貫通幌をつないでスムーズにカーブを通ることができません。となれば3両連結もそう容易なことではないわけです。

200型の再生
 なんとしても200型は小さすぎます。中央に扉をつけてもすぐゆきづまりがくるでしょう。さりとて3両連結するには大改造が必要ですし、車両数も増やさねばなりません。270形式の車体を新造してのせかえるにはまだ惜しい気がします。そこで中央扉をつけ、3両以上連結できるよう改造する費用にもう少し足して、巾も大型車なみにひろげれば250型と同じ能力になるのではないかということになりました。これはなかなかむつかしい作業ですが不可能ではありません。いまその具体的な工作方法を車両部で研究しています。出来上がりの姿は、長さは15mで小型車並み、側面の形は3扉の200型に似たかたち、正面は270型そのまま、と考えていただければよいと思っています。そしてとりあえず、250型と同様に大型車2連として使用もできますし、必要に応じ3両編成でも運転できることになります。
第4時輸送力増強計画の車両関係工事の一部として、来春から夏にかけて6両の工事が完成する予定になっています。

 かっての花形であったこの車も会社の発展に伴って、老朽化する以前にこうして姿をかえてゆくことになりました。この機会にその過去の功績をかえりみ、また将来の活躍を期待したいと思います。(原文のまま)
 ▼最後にステップの位置が、判り易い斜め上からの写真です。電鉄須磨駅にて。
手前が下り明石行き200型2扉車、奥が上り兵庫-姫路間の各停200型、第4次製造型。

▼下り明石行きの後部です。右の信号所の建物は使われていませんが現在も残っています。
1961.2.19撮影。

次回は、200型の改良300型について予定をしています。

山陽電車200型” への5件のコメント

  1. tsurukame先輩
     雪の奥羽本線、少し前に投稿された加太峠の気動車、そして今回の山陽200型と、昭和40年前後のカラー写真の色が見事に再現されており、あの当時が蘇ります。以前にフィルム保存の大切さを話されたことを思い出しましたが、小生は箱の中にほったらかしでおまけに前の家では湿気にやられて特にスライドはアウトです。総本家さんから今の技術ならスライドにカビや退色があっても多少は蘇生できると言われたことがありますが、どうでしょうか。やはり保存状態にもよるのでしょう。
     ところで、小生もかろうじて山陽200型3扉車を撮っておりますが、最初に見た時の印象は「めだか」でした。正直、「けったいな車やなー」と思いましたが、その後、300型更新車等と比べて200型の個性的なスタイルは好きになりました。  同じ様なファーストインプレッションは西鉄の200型を見た時にもありました。
     最後に山陽200型の2扉車の写真で正面のヘッドライトの下に四角い窓のようなものが二つありますがあれは何なのでしょうか。3扉車には無いようですが。湯口先輩の投稿を含めどこかに説明があればご勘弁下さい。

  2. 準特急様
     お尋ねの件。ヘッドライト下、四角い左右二対のものは空気取り入れ口です。0-214までの15両に付き、215以降の3扉車には写真のように付いていません。騒音に近い走行音と共に、ヒューヒューと唸りやかましかったのを思い出します。2扉車に必用、3扉車に不必要かは疑問です。どちらも戸袋や木製の窓から隙間風が入りっぱなしだし、短い車両、短い駅間距離などで換気など無関係に思えました。700型の正面にも一つありました。古い路面電車や国電にもよく見られましたね。
     フィルムですが、経時・保存に伴う不具合の内、肝心な場所以外の傷やカビの修正は可能です。ただ変退色の修正はご指摘の通り限度があり、困難と考える方が良いようです。缶内の入れ替え、虫干し、乾燥剤の併用など丁寧な保存方法が最も大切なのは言うまでもありません。その他に、フィルム・メーカーが外国と日本とで違いがあります。外国製はカビが生え易く、マウントの接着はしっかりしている。逆が日本製。高温多湿の気候にマッチさせたカビ対策ができているのに、マウントの接着力はとっくに失われてバラバラです。お国振りが変なところで発揮されています。
    最近、福田さんと話したのですが、朝日新聞記事に、再燃したビネガーシンドロームの話題が掲載されていましたし、これまで心配のなかった福田さんの保存フィルムにも、酢酸臭が強く感じられるなど、心配事が現れたようです。黒点、針状結晶、乳剤層の浮きと剥離などが出現前にデジタル化が必用です。

  3. tsurukame様
    昨日お会いした際、フィルム劣化のことを聞かせていただいたことを、さっそくコメントに載せていただき、ありがとうございました。
    改めて、私のフィルムを見ますと、やはり昭和40年前後のフィルムにその兆候が見られました。“八つ橋現象”はまだ見られないものの、強烈な酢酸臭を発し、パンフォレーション部が溶け出していました。
    朝日新聞の記事によりますと、この原因は、画像を記録するゼラチン層に接する「セルロースアセテート」が空気中の水分と反応して酢酸が発生するそうです。このセルロースアセテートを材料にしたフィルムは、昭和33年に発売され、平成の時代まで販売されていたそうです。いま問題になっているのは、昭和30、40年代のフィルムだけですが、今後は、さらに後年のフィルムにも波及しそうで、この問題は永遠に付きまといそうです。

  4. tsurukame様
    早速有り難うございます。ビネガーシンドローム現象はよくわかりませんが、昭和40年頃のネガはカラーはおろかトライXで撮ったものも駄目なのが多いです。最近はデジカメでどんどん撮って外付けに保存しております。これも専門家に訊くと長期保存の経験がまだ無いのでCD等にバックアップした方が安心と言われました。また、先年急逝された青春18切符の宣伝ポスターの真島満秀さんや荒川好夫さんなどのプロはリバーサルフィルム派です。リバーサルフィルムの方が自然の色に近いこととデジカメは何かがあると全部パーになる恐れがありそれが怖いと言っておられました。小生は保存も大切ですが、この先そんなに長生きしないので今を楽しく撮影できればよいと思ってデジカメ持参でうろうろしております。

  5. 青信号特派員様、準特急様
    鉄道よりも、フィルムやCDの話になって来ました。それらに関して少し書きます。
    1.フィルムの材料は、セルロースアセテートからポリエチレンテレフタレート(PET)にかわ りました。ペットボトルのPETです。長期に安定と考えられていますが、果してその時になってみないと判りません。
    2.バックアップですが、CD、DVDなどのメディアに保存されるのが良いと思います。外付けのハードディスクなどは壊れる危険性があります。それからメディアですが、購入は必ず『日本製』と表示印刷されたものを買って下さい。たとえ日立やマクセルやTDKでも、台湾製やマレーシヤ製などの外国品は使わないでください。不良品が混在している可能性が結構たくさんあります。
    3.メディアに焼きつけた後、書き込み内容を今一度再確認してください。時に読み出せない事もあります。
    4.デジ青もそうですが、画面のコピーデータが必要な場合は、キーボード右上の、プリントスクリーンキー(Prt Sc などと表記)を押して画面をコピーし、エクセルやワードに貼り付ける(コピー貼り付けの、貼り付けです)と簡単です。勿論拡大・縮小、印刷が綺麗にできます。
    5.コンピュータのアプリケーション操作、画像処理その他何でも、困りごとや疑問はお尋ねください。メールでも構いません。私が判らぬことは、そばにいます大学の情報センターのプロ(LAN、Office、画像処理その他のプロ)に聞いて来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください