台湾DR2700型

ブギウギさんの「2012年の暮れ台湾へ(上)」[28374]に登場したDR2700型気動車の光華号時代の姿。撮影したのは中華民国57年(1968年)で蒋介石、毛沢東が存命の時代であり、日台間に国交があった時代である。

台湾の看板列車は客車の観光号と気動車の光華号で、ヘッドマークは前者は台湾が、後者は中国大陸が描かれていた。

DR2700型は1966年に登場。東急車両製ステンレスカーで椅子は台湾製、機関はアメリカカミンズ製(世界の鉄道68朝日新聞社)。

s-68.3.23台中光華号_edited-1

↑1968.5.1 台中駅 台北発2001車次高雄行き 途中の停車駅台中、台南

s-台湾時刻表

↑ 当時の台湾の時刻表表紙に出ている看板列車光華号

↓ 44年ぶり撮影DR2700 海端付近を行く4682車次玉里発台東行き 2012.5.1

s-台湾DR2725

 

 

 

 

 

3 thoughts on “台湾DR2700型

  1. 準特急様
     早速に光華号の雄姿を掲載していただきありがとうございます。DR2700はかつて、台湾の花形車両だったことがよくわかりました。

  2. 準特急様

    貴重な写真ありがとうございます。
    年末は、ブギウギさん・新所沢都民さんとDR2700の乗り心地を楽しんできました。
    それにしても、サイドの写真に写っている屋根の上のものは、ラジエターだと思いますが、京王5000系の集中式冷房のような感じですね。
    見た目冷房車のようです。冷房のようで非冷房のキハ90・91系を思い出しました。

  3. ブギウギ様、デカンショまつり号様
    コメントどうも有難うございます。私も古い人間でしてDR2700の様な正面貫通のオーソドックスな顔が好きです。気動車というよりもあの頃の電車の顔ですね。それに豪華なヘッドマークが魅力的です。DR2700の屋根の上のものは私もよくわかりませんが、京王5000系の5019、5020、5124、5125の編成の集中式冷房装置に少し似ているような感じもしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください