昭和の電車 改訂版(130)ー札幌市電A830型ー

最近の「昭和の電車」は人気が今ひとつで悩みます。
今回は札幌の連接市電・830型です。前回の投稿時にも反応がありませんでしたが、だれも撮っていなかったのでしょうか?写真でもあれば、と思っています。

 

12 thoughts on “昭和の電車 改訂版(130)ー札幌市電A830型ー

  1. 米手作市様
    探したらこんなのがありました。昭和44年2月26日札幌駅前のA831+832です。

  2. ディーゼル市電はありませんでしたが、西村さんが撮られたのと同じ連節車A831の写真が出てきました。1974年12月14日です。この日は低気圧の接近で雪が降り出し、夜には暴風雪となりました。夜行で稚内に行く予定が運休となり、唯一動いていた函館行に乗り込み、そのまま帰ってしまいました。初めて稚内に行ったのはそれから40年以上後のことでした。

    • 米手様
      岐阜でもしっかり撮られていますね。3編成が岐阜に移って活躍しましたね。寒地仕様であった窓が、大きく昇降できる窓に改造されています。乗客は北の国からやってきた電車とは知らずに乗っていたのでしょう。

  3. 遅まきながら私も探したらこんなんがありました。
    (1962年3月、ディーゼルカーD1032)
    もともとそれほど路面電車には興味がなかったのですが、「ディーゼルカー」があると聞き、鉄北線の当時の終点(北27条)までぬかるみの中を歩いた記憶がよみがえりました。

  4. 無印不良品さま
    お元気の様子、何よりです。
    札幌の路面気動車、同志社大学に合格し喜びの北海道旅行の1枚でしょう。取って置きの写真をまた見せてください。もうすぐ 比良の連峰に冠雪ですね。

  5. 大阪通信員さま
    コメント、ありがとうございます。
    「とっておき」とはとても言えないまでも「古いだけ」というものなら北海道から九州までいくらかありますが、果たして諸兄のご興味をひくものは何なのかが分からずにいます。
    終活の一環として、また機会があればご覧にいれたいと思っています。

    今は皆さま方のご活躍ぶりを楽しく拝見しています。
    最近では、総本家青信号特派員さんの「矢岳越え」には、50年以上前に大畑の小さい待合室で寝袋で震えながら夜を明かしたことを思い出して、身震いする思いでした。
    (場違いなところに張り付けてごめんなさいです)

    • 無印不良品さん
      「古いだけ」が重要なのです。
      この写真もスハフ32のWルーフが連結されていますね。これだけでもお宝写真です。もっと見せてください。

  6. 札幌時代はさすがに1959年生まれの私は、遭遇できていません。
    1980年代、社会人になり青春18切符が登場したので、年に数回は岐阜や名古屋の名鉄旧型車を撮りに行っています。
    1985年4月、雨の日の徹明町行きモ871です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください