客車廃車体訪問記 内地編23 高知県-1

【わんぱーくこうちアニマルランド】 33.542437, 133.556553 2018年5月4日撮影
オハ50 11
◆オハ50 11(1978年新製 新潟)→1992年廃車
「わんぱーくこうちアニマルランド」と称する高知市立動物園の遊具施設エリアにあり、休憩所として愛され親しまれている。エアコンは両端だけなので、夏は暑いと思う。
高知の名物は「高知メロンサイダー」がお薦めである。
続きを読む

新型名阪特急 チラシですが

新型名阪特急「ひのとり」の概要入手しました。デビューは2020.3.14からで型式は80000系となります。うたい文句は「くつろぎのアップグレード 名阪特急 次の時代へ」で6両が8編成、8両が3編成の11編成が揃うようです。編成中「プレミアム車両」が2両(先頭車両)、レギュラー車両が4両または6両となり、プレミアムシートは本革使用・電動リクライニング・座席間隔130cmで「より深くリラックスできるシート」を目指しています。塗装はメタリックレッドです。特急料金もプラスになるようで、プレミアム車両で大阪・名古屋間で通常の特急料金に「ひのとり特別車両料金」900円、レギュラー車両が200円追加になります。チラシを載せておきます、A4でスキャンしていますので、見開きのページが2枚になっています、ご了承ください。アーバンライナーの登場したのが1988年で、一度更新はされていますが新しい専用特急車両が出てきてもいい頃ですね。ただ定期特急(名阪甲特に入りますね)でありながらレギュラー車両での+200円を高いとみるか、仕方がないとみるか? 続きを読む

【関ロッジ】 34.858007, 136.385886 2008年11月29日撮影
▲ナハネ20 2237
前々回のコメントで乙訓の老人の甥様により紹介済みであるが、1-3位側も紹介する。これは元五条のTさんに、写真展に出す写真を撮りに行こうと誘われ、関西本線~草津線をご一緒した際に昼食を兼ねて立ち寄って撮影したものである。窮屈な高台に置いてあって引きがなく、標準的な写真が撮れなかった。
東海道五十三次の47番宿場である関宿に近い関ロッジは、国民宿舎であったが2015年4月に閉業し、2017年8月にゲストホテル関ロッジとして営業再開した。公式HPによれば、ナハネ20は「2019年頃に撤去の予定」だそうである。https://seki-lodge.com/20kei-bluetrain/
続きを読む

客車廃車体訪問記 内地編21 大阪府-2

【JR吹田工場台車職場】 1998年8月2日撮影
マニ50 2254
前回は「カネ返せぇ~」といわれたので、今回はよく見えるものを紹介するが、「半分返せぇ~」といわれそうな気もする。

ご覧のように吹田工場の台車職場にあった。マニ50 2254福フチといわれていた。前位寄り約半分で、わざわざきれいな土台に載せて、窓枠・開き戸・ガラス・通風器がなく、トラ塗りの保護棒を付けて、何かそれなりの用途があったようである。20年以上前の様子で、現在もまだあるだろうか。

 「TOLERANCE 10」 三陸鉄道を走る!

お馴染み、「TOLERANCE」の青いヘッドマークを掲げた貸切列車が、三陸鉄道の真新しい軌道を走り抜けました。東北への思いを寄せられている山科の人間国宝こと佐竹保雄さん、ことし3月、JRから移管されて新しく開業した釜石~宮古を含む三陸鉄道の全区間を、貸切列車「TOLERANCE 10」で走り、参加者約30名は、車窓から沿線の復興ぶりも確認しながら乗車を果たしました。
大槌駅で参加者が待ち構えるなかで、ホームに進入する「TOLERANCE 10」、車両は“レトロ車両”の36-R1号、茶色の塗装に青いヘッドマークがよく似合った。

続きを読む

客車廃車体訪問記 内地編20 広島県-1

【チチヤスハイパーク跡】 34.308618, 132.291212  2019年8月12日撮影 最寄り駅前空駅
マニ60 2387
またまた何が写っているのかわからない画像で恐縮である。木々の間に少し見える青緑色の車体がマニ60である。荷物用扉上部が見える。屋根は張り替えている。右端の建物は中国新聞 広島制作センター。
廿日市市大野にあるチチヤス株式会社は、かつて会社敷地内にチチヤスハイパークというレジャー施設を持っていたが、経営悪化の為大部分を中国新聞社に売却した。施設は、「ちゅーピーパーク」や「ちゅーピープール」と名称を変えて賑わっている。その、売却しなかった山中にマニ60 2387が取り残されているのである。
ここへのアプローチとしてまず、北側のチチヤス本社前の小道から入ろうとしたら守衛に呼び止められ、社長命令で部外者はチチヤス敷地内には立入禁止だと言う。そこで南側のちゅーピープール入口から大回りしてプールの北側までたどり着いたが、マニ60まであと少しというところで道が無くなっており、草木が生い茂ってとても分け入って行くことなどできない状況になっていた。この調子では近づけたとしても草木に埋もれているのではないかと思われるので残念ではあるが諦めた。ひょっとするとプールと絡めて撮影できるかと思ってわざわざ暑い時に行ったのであるが空振りであった。猛暑のなか汗をかきかき、可能な範囲で調査したことに免じて、このような画像で勘弁していただきたい。合計1時間程歩き回ったが、リハビリのおかげでヒザはなんともなかった。
なお、広島駅では西村さんご紹介の1~2番乗り場間、3~4番乗り場間、5~7番乗り場間(6番乗り場は無い)の給水設備を見学した。「広島駅に残る客車への給水設備」 投稿日時 2018年10月15日https://drfc-ob.com/wp/archives/100960#more-100960
◆ホハ35300(1927年新製)→(1928年改番)ナハ23808→(1954年鋼体化改造 新潟)マニ60 387→(電暖追設)マニ60 2387→1986年廃車

 

客車廃車体訪問記 内地編19 石川県-1

【白山市藤木町】 36.483598, 136.579238 1992年3月29日撮影
マニ50 2166
白山市藤木町の県道188号沿いにあった。車内にホダ木があり、椎茸の栽培をしているようであった。車外に使用済みの木が積まれていた。この客車は現存しない。
◆マニ50 2166(1980年新製 新潟)→1987年廃車
↑背の高いタンクは今は無い。
↑背後の建物は今もある。

客車廃車体訪問記 内地編18 東京都-2

【品川駅東口食堂「TRAIN21」】 1993年7月29日撮影
スエ31 79
オエ61 312
品川駅東口に「TRAIN21」と称する食堂があった。訪問時はもう営業をやめた後のようで、元救援車は厨房のようだったが外部が一部腐食して浮いて見苦しい状態であった。車体標記・ナンバーもそのままに、テーブルのあるホームには屋根が無く、雨が降ったらどうしたのであろうか。ビヤガーデンよりもワイルドである。
◆スハニ35 11(1951年新製 帝車)→(1966年改造 土崎工)マニ35 2204→(1971年改造 大宮工)スエ31 79→1987年廃車
◆スハ33278(1938年新製 日支)→(1941年改番)スハ32 615→(1970年改造 幡生工)マニ36 2112→(1982年改造 大宮工)オエ61 312→1987年廃車
続きを読む

客車廃車体訪問記 内地編17 福岡県-1

【九州鉄道記念館】 33.943408, 130.961793 2016年11月17日撮影
スハネフ14 11

本稿ではJR自前の施設の展示用客車は採用しない方針であるが、当車は展示しているからには廃車になっているはずなのに、廃車日がどうもすっきりしないので採り上げた。
1.『鉄道ファン』687号2018年7月号付録p.40 … 「2013年8月14  日廃車」。

2.『鉄道ピクトリアル』896号2014年10月増刊号p.221 … スハネ14が2両在籍(2013年度末現在)。
同909号2015年10月増刊号p.234 … 2014年度末現在 在籍無し(廃車明細も無し)。

3.ジェー・アール・アール編(交通新聞社発行)『JR気動車客車編成表2019』p.75 2019年4月1日現在 … スハネフ14 6と11が熊クマ配置。
このように各誌バラバラなので困る。JR化されてからこのような傾向が目立つような気がする。廃車日を明記している1.の『鉄道ファン』による「2013年8月14日廃車」を採用する。
◆スハネフ14 11(1972年新製 日車)→2013年廃車

なお、ここと関門海峡めかり駅のオハフ33 488は、昨年ぶんしゅうさんが発表されている。
2018年夏、酷暑の旅 Part12 門司港レトロ訪問 投稿日時: 2018年10月13日  投稿者:  ぶんしゅう旅日記 https://drfc-ob.com/wp/archives/100814#more-100814